性病の治療

性病の治療におすすめの薬

投稿日:

クラミジアの治療におすすめの薬

 

クラミジア治療の第一選択薬はジスロマックです。

病院やクリニックの治療指針として用いられる

「JAID/JSC 感染症治療ガイドライン2018」でも

ジスロマックの使用が推奨されています。

ジスロマック以外ではクラリス、クラリジットの他、

ミノマイシンがクラミジア治療に対して有効な薬とされています。

今までジスロマックでアレルギーや副作用の経験がない限りはジスロマックを、

ジスロマックでアレルギーや副作用の経験がある場合はクラリス、

クラリシッド、ミノマイシンの中からアレルギーや

副作用の経験のないお薬を選択しましょう。

クラミジア治療薬の服用方法

ジスロマック

ジスロマック錠を合計1000mg、1度に服用します。 またジスロマックSR成人用ドライシロップという薬も販売されていて、こちらは2gを1度に服用します。 同じ成分のお薬としてはアジスロマイシン、アジーなどがあり同様の効果があります。

クラリス、クラリシッド

クラリス錠もしくはクラリシッド錠200mgを1日2回、7日間服用します。 同じ成分のお薬としてはクラリスロマイシン、ゾクラーなどがあり同様の効果があります。

ミノマイシン

ミノマイシン錠100mgを1日2回、7日間服用します。 同じ成分のお薬としてはミノサイクリン、ミノシンなどがあり同様の効果があります。

性器ヘルペスの治療におすすめの薬

 

病院やクリニックの治療指針として用いられる「性感染症診断・治療ガイドライン」ではゾビラックスとバルトレックスの使用が推奨されています。

バルトレックスはゾビラックスの腸からの吸収をよくするため改良されたお薬です。

バルトレックスの方が服用回数が少なく治療効果も高いため性器ヘルペスの治療にはバルトレックスの服用をおすすめします。

現在の抗ヘルペスウイルス薬では潜伏感染しているヘルペスウイルスを完全に排除することはできません。

再発した場合はできるだけ早くゾビラックスまたはバルトレックスを服用することを強くお勧めします。

性器ヘルペス治療薬の服用方法

ゾビラックス

ゾビラックス錠200mgを1回1錠1日5回、初発の場合は5〜10日間、再発の場合は5日間服用します。

同じ成分のお薬としてはアシクロビルなどがあり同様の効果があります。

バルトレックス

バルトレックス錠500mgを1回1錠1日2回、初発の場合は5〜10日間、再発の場合は5日間服用します。

同じ成分のお薬としてはバラシクロビルやバルシビルなどがあり同様の

梅毒治療におすすめの薬

日本性感染症学会梅毒委員会が発行する梅毒診療ガイドによるとアモキシシリンを主成分とするパセトシン、サワシリンが第一選択薬として推奨されています。

アレルギーや副作用でパセトシン、サワシリンが服用できない場合に限り、ミノマイシンもしくはスピラマイシンの服用が推奨されます。

梅毒治療薬の服用方法

パセトシン、サワシリン

パセトシンカプセルもしくはサワシリンカプセルを1回500mgを1日3回、4週間服用します。 同じ成分のお薬としてはアモキシシリン、ノバモックスなどがあり同様の効果があります。

ミノマイシン

ミノマイシン錠を1回100mg1日2回で4週間服用します。 同じ成分のお薬としてはミノサイクリン、ミノシンなどがあり同様の効果があります。

スピラマイシン

スピラマイシン錠を1回200mg1日6回で4週間服用します。 同じ成分のお薬としてはアセチルスピラマイシンがあり同様の効果があります。

トリコモナスの治療におすすめの薬

病院やクリニックの治療指針として用いられる「性感染症診断・治療ガイドライン」ではフラジール錠の内服が推奨されています。

また難治性や再発例ではフラジール錠の内服に加えフラジール膣錠の併用療法を行います。

第一選択薬ではありませんがハイシジン錠というお薬もトリコモナス治療に有効です。

1回のみの服用で効果が発揮されるため飲み忘れのリスクがある場合はハイシジン錠を選択するといいでしょう。

飲み忘れの心配がない人はフラジール錠の内服をお勧めします。

トリコモナス治療薬の服用方法

フラジール錠

フラジール錠250mgを1回1錠1日2回、10日間服用します 同じ成分のお薬としてはメトロニダゾール錠があり同様の効果があります。

ハイシジン錠

ハイシジン錠500mgを1回4錠1回のみ服用します。 同じ成分のお薬としてはチニダゾール錠、ファシジン錠などがあり同様の効果があります。

ハイシジン錠の使用方法

フラジール膣錠 フラジール膣錠250mgを1回1錠1日1回、10~14日間腟内に挿入します。

淋病治療におすすめの薬


淋病は性感染症の一つです。


淋菌に感染した場合、性感染症の中でも発生件数の多いクラミジア感染症に同時に感染している場合が多いです。


淋病だけでなくクラミジア感染症に対する治療も同時にできる抗生物質を選択するのがいいでしょう。


内服薬による治療の場合はジスロマックSR成人用ドライシロップ2gをお勧めします。


淋菌、クラミジアどちらにも有効ですし、1回のみの服用で効果を発揮します。


クラミジア感染症には効果はありませんがセフスパンカプセルも淋病に効果があります。

服用方法

 

ジスロマックSR成人用ドライシロップ2g

ジスロマックSR成人用ドライシロップを2g1度に服用します。
1回のみの服用で効果が発揮されます。
同じの成分のお薬としてはジーマックスがあり同様の効果があります。

セフスパンカプセル


服用方法はセフスパンカプセル100mgを1回2カプセル1日2回、1~3日間にわたって服用します。


同じの成分のお薬としてはセフィキシム、ジプラックスがあり同様の効果があります

-性病の治療

Copyright© HIV検査キット 通販ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.